キレマッスルの効果を引き出す服用方法とは?

キレマッスル服用方法のポイントをご紹介

筋肉トレーニングをしているだけでは、なかなか筋肉は増えなかったりします。

 

筋肉を作るサプリメント、キレマックスを取り入れることで理想の筋肉に近づけることができます。

 

そんなキレマックスの効果を引き出す服用法を紹介していきましょう。

 

キレマッスルについて

キレマッスルは筋肉を作るためのタブレット状の錠剤型サプリメントです。

 

キレマッスルには、HMBCaという成分が6粒で再配合1,800mgの量が摂取できるのです。

 

HMBとは、必須アミノ酸のロイシンをより細かく分解した成分になり、Caとは、カルシウムのことを表しているのです。

 

必須アミノ酸のロイシンは、筋肉を作るのに欠かせないものなのでが、ロイシンをもっと体内に吸収しやすいように細かくしたHMB。

 

HMBによって筋肉の増量の効果が期待できるのです。そして一日の摂取量ですが、HMB、1日の摂取量の目安は3gです。

 

キレマッスル6粒で1,800mg摂取でき、最大10粒まで摂取できます。計算すると、一粒が300mgになるので、10粒で目安の3gが可能になります。

 

カロリーも低いので、ダイエット中でも心配ないです。

 

キレマッスルの服用方法とは?

キレマッスルは、最大10粒まで飲めば、一日の目安となる3gの摂取が可能ということはわかったと思います。

 

キレマッスルは、どうやって飲めば効果を引き出すことができるのでしょうか。

 

摂取するタイミングは、筋トレ前と筋トレ中になります。

 

筋トレ前に摂取する場合は、トレーニングを始める30分前に摂取するのがいいです。

 

筋トレ中に摂取する場合は、効果としては筋肉が分解するのを防ぎ、さらに筋肉の回復を早めてくれるという働きがあるからなんです。

 

飲み方は、6粒から最大10粒までを、水などの飲料水で噛まずに飲むということです。

 

筋トレの負荷が大きい人や、マッチョになるためにと頑張っているなら、最大の10粒飲んだほうが効果がよりでるようです。

 

服用するだけでは、筋肉はつかないです。キレマッスルを筋トレと一緒にセットで行うことによって、筋肉を増量させていくことができるのです。

 

キレマックスを服用するタイミングの説明

キレマッスルはロイシンを細かく分解したHMBという成分が配合されていますが、このはHMBについての働きを説明しておきます。

 

筋肉はたんぱく質で構成されており、たんぱく質の合成によって筋肉が増量して、たんぱく質の分解によって筋肉が減量していくというメカニズムがあります。

 

たんぱく質の合成を促して、筋肉の増量をして、さらにHMBには、たんぱく質の分解を抑えるという働きもあるので、筋肉の減量を防いでくれるのです。

 

キレマッスルを服用することで、血中のアミノ酸の数値が上がります。血中のアミノ酸の数値が上がると、たんぱく質の合成、分解を抑える、筋肉疲労回復が行われるのです。

 

筋トレ30分前に服用、筋トレ中にキレマックスを服用することで、血中のアミノ酸の数値を上げて、筋肉増量、分解を防ぐ、疲労回復と促していくのです。

 

その他にも、肝機能の向上、ストレスの緩和、育毛効果もある魅力的な成分なのです。

 

まとめ

ロイシンは肉類や魚類、卵、牛乳、豆類から摂取することができますが、筋肉の量を増やす、維持するとなるとHMBの摂取が必要になってきます。

 

筋肉を作るためには、血中のアミノ酸の数値が高い状態ということがポイントになります。

 

食後に筋トレは辛いですが、キレマックス服用後の筋トレは問題ないと思うのです。HMBを筋トレ前、筋トレ中に服用して、効率よく筋肉を増やすことができるのです。

 

筋トレをしている、これから始めようと思っているなら、まずはキレマッスルの公式サイトを覗いてみてはどうでしょうか。

 

>>キレマッスルの公式サイトはコチラ

関連ページ

キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用いいの?
キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用いいの?か取り上げます。
キレマッスルのメリットって何?デメリットは?
キレマッスルのメリットって何か?デメリットは何か?ご紹介します。