キレマッスル

キレマッスルのメリットとデメリットとは何か徹底紹介

筋肉増量効果のあるサプリメントだから、もしかしたらデメリットってあるの?

 

キレマッスルは、栄養機能食品として食品由来のサプリメントだからメリットだらけかも。

 

キレマッスルのメリット、デメリットを説明していきます。

 

キレマッスルのメリットは?

キレマッスルとは、筋肉作りには欠かせないタブレット状の錠剤型サプリメントのことです。

 

キレマッスルには、HMBという成分が配合されていています。HMBが筋肉を作るために必要な成分になってきます。

 

キレマッスルならではのメリットとは、HMBの持つ効果です。筋肉の増量、筋肉の減量を防ぐ、筋肉の疲労回復、肝機能の向上、ストレスの緩和、育毛効果ではないでしょうか。

 

そして、服用することも簡単、持ち運ぶのも簡単ということです。筋トレの前、筋トレ中に錠剤を水などの飲料水で飲むだけです。飲む量は6粒から最大10粒で効果が期待できるのです。

 

HMBについてですが、必須アミノ酸の一つであるロイシンを細かく分解したものなんです。

 

HMBの効果として、筋肉の増量と筋肉の減量を防ぐというのがありますが、簡単に説明をすると、筋肉はたんぱく質でできています。

 

たんぱく質が合成されることで、筋肉が増えて、たんぱく質が分解されることで筋肉が減っていくというメカニズムによって筋肉の量を維持してます。

 

HMBは、たんぱく質の合成を促し、たんぱく質の分解を抑えるという働きがあるのです。

 

ロイシンは食事で摂取することは可能です。HMBは、ロイシンを細かく分解したものなので、体内への吸収、効果はアップされるのです。

 

HMBのほうが、食事で摂取するロイシンと比べると、効率よく筋肉を増量していくのがわかると思います。

 

さらに、錠剤だからできるメリットがあります。

 

たんぱく質の合成を促すには、血中のアミノ酸の数値を上げなくてはいけないのですが、これを食事での摂取となると難しいと思います。

 

食事からの必須アミノ酸のロイシンの摂取になると、摂取後、30分後くらいに血中のアミノ酸の数値が最高値になっていきます。

 

食後、30分後からの筋トレは辛いと思うのです。でもキレマックス服用30分後の筋トレだったら、どうでしょうか?

 

メリットはまだあります。カロリーが低いということです。6粒飲んでも68キロカロリーととても低いのです。

 

HMBの成分の他にも、カルシウム、ビタミンCも配合していて、アミノ酸のバリンとイソロイシンといった筋肉増量に欠かせない成分も入っているんです。

 

キレマッスルにもデメリットってあるの?

体内に摂取するものですから、副作用など気になると思います。

 

キレマッスルは、栄養機能食品として販売されています。原料としては、大豆、卵といった食品由来のサプリメントなんです。

 

だからといって、たくさん飲めば筋肉増量にもっと効果的というわけではないのです。

 

過剰摂取は、体に負担を与えるだけになってしまうので、一日の摂取量は守って服用すれば副作用は心配することはないのです。

 

キレマッスルを飲めば筋肉の増量になるわけではなく、筋トレと合わせることで、筋肉の増量の効果がでてきます。

 

飲むだけでも、アミノ酸の持つ特性で、肝機能の向上、ストレスの緩和、疲労回復といった効果は期待できるとは思います。

 

※まとめ
キレマッスルは、筋肉の増量に欠かせないサプリメントということになります。栄養バランスの良い食事でも筋肉にいい働きをするアミノ酸は摂取できます。

 

でも、筋肉のたんぱく質の合成するには、血中のアミノ酸を上げる必要があり、筋トレの30分前に食事するのは難しいですよね。

 

キレマッスルだから簡単に筋肉の増量、筋肉の維持管理ができるのです。アミノ酸の力で筋肉増量を考えているなら、キレマッスルの公式サイトはこちらです!

 

>>キレマッスルの公式サイトはコチラ

関連ページ

キレマッスルの効果を引き出す服用方法とは?
キレマッスルの効果を引き出す服用方法を取り上げます。
キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用いいの?
キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用いいの?か取り上げます。