キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用いいの?

キレマッスルとプロテインはどっちがいい?併用はダメ?

キレマッスルとプロテインって併用しても大丈夫なんです。

 

筋肉を増やすための役割が違うから、併用したほうが筋肉増量には効果的になるかも。

 

錠剤を飲むだけのキレマッスルと面倒なプロテインどっちが簡単でしょうか。

 

キレマッスルとプロテインに違いって何?

キレマッスルとは、タブレット型の錠剤で、HMBという成分を配合しているサプリメントです。

 

キレマッスルに配合されているHMBという成分は、ロイシンという必須アミノ酸を細かく分解してもので、ロイシンより体内への吸収、効果もアップされたものです。

 

HMBの働きとしては、筋肉を増やすために必要な成分で、たんぱく質の合成を促す働きがあります。

 

筋肉はたんぱく質から構成されていて、たんぱく質の合成によって筋肉が増えて、たんぱく質の分解によって筋肉が減っていくのです。

 

HMBは、このたんぱく質の合成を促す作用と、たんぱく質の分解を抑える働きを持っているのです。

 

プロテインとは、食品から摂取することのできるたんぱく質だけを抽出した成分で、パウダー状のサプリメントのことです。

 

筋肉はたんぱく質からできているので、プロテインは、筋肉となるたんぱく質を簡単に摂取できることになるのです。

 

キレマッスルは、筋肉を作るためのサインを出して、たんぱく質の合成を促してあげますが、プロテインは、筋肉となる材料になるのです。

 

キレマッスルとプロテインの併用は?

併用は問題ないです。キレマッスルはアミノ酸、プロテインはたんぱく質になります。

 

アミノ酸は、たんぱく質が分解されたものなので、アミノ酸とたんぱく質は相性が悪いということはないのです。

 

プロテインは、筋肉の材料としてたんぱく質を体内に供給して、キレマッスルで、筋肉を増やすためにたんぱく質の合成を促すのです。

 

こういった関係を考えると、筋肉を増やすために、たんぱく質も必要、アミノ酸の働きも必要となってくるのがわかると思います。

 

経済的に可能なら、併用したほうが効果は大きいと思います。

 

キレマッスルとプロテインはどっちがいいの?

キレマッスルとプロテインは併用しても大丈夫ですが、併用はしない場合はどっちが筋肉を増やすのに効果的なのでしょうか。

 

筋肉を増やすことに対しての働きかたが違うので、どちらがいいのか決めるのは難しいと思います。

 

キレマッスルが向いているタイプは、プロテインが面倒で、苦手と思っている人です。プロテインはパウダー状なので、飲み物に溶かしてから飲むので面倒です。

 

プロテインはカロリーがあるので、カロリーを気にする人。そして食事でちゃんとたんぱく質が取れていれば、キレマッスルがいいと思います。

 

プロテインが向いているタイプは、普段からたんぱく質を取れていない、ものすごいマッチョな体型を目指している、ウエイトアップを目指している人です。

 

HMB配合のキレマッスルのほうが筋トレの30分前、筋トレ中に錠剤を服用するだけなので、簡単に効率よく筋肉を増量できると思います。

 

まとめ

HMB配合のキレマッスルは、筋肉を作る指令を出す係り、プロテインは筋肉に必要なたんぱく質という材料係りになると思います。

 

筋肉への働きかたが違うのですが、食事からでも十分に必要なたんぱく質は摂れるので、効率的に筋肉を増やしたいならキレマッスルではないでしょうか。

 

カロリーも気にしない、飲み方も錠剤だから簡単。キレマッスルに興味を持ったら、キレマッスルの公式サイトはこちらから。

 

>>キレマッスルの公式サイトはコチラ

関連ページ

キレマッスルの効果を引き出す服用方法とは?
キレマッスルの効果を引き出す服用方法を取り上げます。
キレマッスルのメリットって何?デメリットは?
キレマッスルのメリットって何か?デメリットは何か?ご紹介します。