筋肉痛の原因を紹介します

筋肉痛になる原因は何かご紹介

筋肉痛って辛いですよね。筋肉が育っている証拠だと教わったことがありますが、それでも痛いものは痛いです。

 

どうにか筋肉痛の原因を突き止めて、筋肉痛にならないようになればいいのにな、と常日頃思っているんです。

 

そしてとうとう筋肉痛の原因について、その対処法について調べましたので、ご覧ください!

 

筋肉痛の原因はこれだった!

筋肉痛の原因は、これだ!という医学的な根拠は、悲しいことに、今でも発見されていないんです。

 

でもこれが原因ではないか?というものがいくつかありますので、紹介させてくださいね!

 

筋肉痛の原因1:疲労物質の蓄積

トレーニングや運動をすると、体内に乳酸がたまっていくのは、もはやよく知られたことですよね。

 

そして、筋肉にも、この疲労物質は蓄積していきます。この疲労物質の蓄積によって生じる痛みが、筋肉痛ではないか?といわれているんです。

 

ただ最近では乳酸は、運動中のエネルギー源なのではないか?とも言われていて、どうやら疲労物質が筋肉痛の大きな原因ではなさそうです。

 

筋肉痛の原因2:筋肉などの損傷

輪ゴムをうんと引っ張ると、プチプチ切れますよね。

 

筋肉も同じで、いつもは伸縮するのですが、大きな負荷をかけると繊維がプチプチと切れることがあります。

 

また、筋肉の中にはそもそも伸縮しないものもあります。そこを鍛えたら、繊維が切れますよね。

 

切れた繊維は元に戻るので問題はありませんが、このプチプチ切れるのが原因ではないかといわれています。私もこう教わりました。

 

筋肉痛の原因3:筋肉の炎症

先ほど出てきた、プチプチ切れた繊維ですとか、完全には切れていない繊維ってどうなると思いますか?

 

実は、一度分解されて、新しい筋繊維がそこに出来るといわれているんですよ。その過程で生じる痛みって1日〜数日後にあらわれます。

 

ですから、筋肉痛の最大の原因はこれではないか?といわれているんですよ。

 

筋肉痛の解消法

筋肉痛は通常、筋肉が治るにつれておさまってくるので、放置するしかありません。

 

しかし、かなりの痛みを伴う場合などは、放置なんていっていられません。少しでも緩和したいですよね。

 

その場合、痛みを和らげる方法として、冷やしたり、温めてほぐしたり、安静にしたり、軽い運動で血流をよくするなどの方法があるんです。

 

ところで筋肉痛って必要なの?

そういえば、「筋肉痛が起こらないと筋肉が育たない」と筆者はいわれて育ちました。これって本当なのでしょうか?

 

答えは、間違っている、です。

 

筋肉痛が起こるということは、トレーニングがその人にとってハードだったことの証拠です。中には、筋肉痛を起こすトレーニングはよくないという人もいるほどです。

 

ただし運動をほとんどしてこなかった場合は、軽い運動をしただけでも筋肉痛になります。それが原因で「自分には運動は向かない」と投げ出すのは違うと思います。

 

徐々に、ご自分に合ったトレーニングを行って、慣れてきたら負荷を見直して、体を鍛えるといいでしょう。

関連ページ

プロテインの効果についてご紹介
プロテインの効果についてはこれなんです。詳しくご紹介。
おすすめの筋肉増量方法!
おすすめの筋肉増量方法はこちらです。
細マッチョになるためにおススメの筋トレをご紹介
細マッチョになるためにおススメの筋トレはこうしよう。
ロイシンはどんな食べ物から摂取できるのか?
ロイシンはどんな食べ物から摂ることができるのか詳しく取り上げます。
ロイシンの副作用ってあるの?
ロイシンの副作用があるのでしょうか?ロイシンの副作用について取り上げます。